<< SUPER SHOW5 TOKYO感想(ツイッターより転載)*prev
2013ジャニーズフィルムフェスタ 感想(ツイッターより転載) >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

七つの会議 感想(ツイッターより転載)

まとめ読みという自身の老後の楽しみのために、時々こうしてツイッターからブログに転載する作業をいたしております(笑)

<一話>

7月13日 七つの会議。予想以上にキツいドラマ。田口くん演じる佐伯くんがいなかったら本当に安らぐ瞬間がない(泣笑)。萌えることすらできなかったけど、大人サラリーマンとしての複雑さを知りなさい、という神様の思し召しと思って、来週もがんばって見るぞ!田口くん、時々笑顔で励ましてね?(笑)




<二話>

7月20日 七つの会議。原島課長の葛藤が大きくなった分より胸が痛かった。正義や理想と組織の論理とが相容れないのはわかるけど、ここまでの会社ばかりではないと、夢見るアラフォーとしては信じたい(><)。ねじ六の三沢社長みたいに生きてくことはそんなに難しいことなのかな。


7月20日 七つの会議。ことほどさように見るたびに落ち込んでるわけだけど、考えてみたら田口くんが出てるから見始めたのだから、田口くんが可愛かった!癒される!深みのあるいいドラマに出られてよかったね!って思うだけでもいいんだよね?ね?(笑) でも、そう思わせてくれない七つの会議、恐るべし。




<三話>

7月27日 七つの会議。自分がしたいことではないって痛いほど分かってることなのに全力で立ち向かう選択をしてしまう男たちが本当に悲しい。先週までの辛いという感情を通り越しもはやかわいそうで仕方ない(泣笑)。エンドロールの空を見上げる原島課長を信じたい。どうか辛くない結末を(><)


7月27日 七つの会議。ほとんど萌えてる余裕がなくて自分が田口くんファンだってことを忘れそうになるんだけど、いくら良いドラマでも辛いドラマはノーサンキューな私がこのドラマを見続けているという事実が何よりファンであることを証明しているのです(笑)




<四話>

8月4日 七つの会議。光の見える終わりでよかった(><)。「あなたのしたことは間違いじゃない。でも社員を路頭に迷わせたのは事実だ」の部下の言葉が全てだけど、でもこれでよかったの。嘘を隠し誇りを持てずビクビクしながら仕事をしないと、会社と社員を守れないなんて、やっぱりおかしい。


8月4日 七つの会議。いつのまにか膨らんでしまった実態のない組織の論理とやらから、働く意味をこの手に取り戻し、本来そうであったはずの、夢や目標に向かい組織を自らで作り育てていく日々へ。前途多難ながら、堂々と前を向いて進めるなら、それは絶対にハッピーエンドだよね


8月4日 七つの会議。一人悩み闘い続けた八角さんから見たら、原島課長のまさかの行動力は、正直妬ましいほど羨ましかっただろうけど、原島課長に力を与えたのは間違いなく八角さんです。これからは、いつのまにやら懐いてる佐伯くんの笑顔に癒されながら、少し軽やかに、まっすぐに仕事をしてほしいよ


8月4日 七つの会議。佐伯くんはまだまだ力不足感ありありだけど(笑)、原島課長に八角さんから教わったことは、絶対に大きな武器になるよね。がんばってほしいなあ(><)


8月4日 七つの会議。っていうか、役に思い入れがありすぎて、完全に虚実混同してますね(笑)


8月4日 七つの会議。「物でお返しします」「全てをなげうってでも会社を正そうとするほど会社を愛してた」「どんなあなたでもお帰りって言ってあげる」「向かい風の方が生きてることを実感できる。でも、よくがんばったな。辛かっただろ?」原島課長だからこそ言わしめた愛に満ちた言葉たち。


8月4日 七つの会議。いねむりはっかくの平仮名しゃべり。ドーナツもぐもぐ。八角さんにじゃれついて、笑顔炸裂。甘くて素直で可愛い佐伯くんを見せてくれて、田口くん、本当にありがとう!今日は辛い表情は忘れて、笑顔だけを思い出して眠ります(^-^)


author: たろ
ドラマのこと | permalink | comments(0) | -
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
Leave a comment:






Peacefuldays

Peacefuldaysを田口淳之介くんと一緒に!
「すこやかにムチャする」が合言葉