<< KAT-TUNスタイル349回目ラジオレポ*prev
コロガリータCM#2が公開されました  >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

関ジャニ∞ えっ?ホンマ!?ビックリ!!TOUR 2007 東京ドーム初日

今頃東京ドーム周辺はカラフルなエイトカラーに彩られてるんだろうなぁ!
レポではなく、単なる感想。でもネタバレがあると思うのでご用心(^−^)
※追記しました!




自分が好きな人のいる世界を知ってほしいな、「お客さんに喜んでもらうこと」がぎゅうぎゅうに詰まった世界を見てほしいな。そんな気持ちから、妹を誘って、東京ドームでの関ジャニ∞のコンサートに行ってきました。急遽参加を決めたため、チケットはプレイガイドで取ったので、「各自の名前の入ったコンサートチケット」という、ジャニーズ以外ではなかなか見られないものを妹に見せられなかったのは残念だったのですが(笑)、結論、とっても楽しかったし、妹にも喜んでもらえたし、すごくいい時間になりました!



KAT-TUNについてはずいぶんと知識を身につけた(身につけさせられたとも言う)妹ですが、もともとはまったくの非ミーハー体質、まずはエイトメンバーを覚えることで精一杯(笑)。私もアルバムを買っていなかったので(爆)、曲の予習もできず、時間がなくうちわの作成をすることもできず、結局、妹用のジャニーズのペンライトと、私用のcartoon KAT-TUN youツアーのペンライト、それだけの準備で東京ドームに向かいました。行きの電車の中で、サンダルから覗く足の爪をエイトカラーの赤黒紫黄青オレンジ緑そしてピンクに塗った女の子がいて、迎えに行くように楽しむ姿勢がファンにあることに妹は大感激。ドームに着いてからも、好きなメンバーの色と同じ色の洋服を着ている子が多いためか、そのカラフルさがとにかく可愛くて楽しそうで、コンサートは始まる前からこうやって楽しめるからたまらないなぁ!と思いました。チケットを公演直前に取ったこともあって、座席はメインステージをほぼ正面に見る位置の、最後列から2列目という、正真正銘の天井席でしたが、座席がじわじわと埋まっていく感じ、ステージの構成、ばらけていた気持ちがだんだん集中して高まっていく感じを、リアルに見ることができて、前方に座るときとは違うワクワクがあって楽しかったです。メインステージ、センターステージ、バックステージ。それぞれを外周がつないでいる構成。丸い台のついたクレーンが4つ、大型トロッコが2台あったかな?でも、いくらクレーンががんばって首を伸ばしても、3階最後列から2列目の天井席には届かず、常にスクリーンか、下を見下ろしている感じでした(笑)。



去年の6月の代々木体育館での公演蒔は、メンバーの前説がとってもチャーミングだったエイトコンサートですが、今回は女性係員のアナウンス。職務を真面目に遂行しているだけなんですが、「えっ?ホンマ!?ビックリ!!」と、ちょっと大阪弁っぽく読みあげるさまがすごく可愛くて、エイトの前説はかわいいなぁ!と開演前から2人でニコニコ。そしていよいよ客電落ち。私は気づかなかったんですが、その瞬間の感動と興奮で、妹は泣いてしまったようです(笑)



冒頭から怒涛のようにシングル曲を連発。「ズッコケ男道」のファンクっぽいリズムというかノリが大好きなことに加えて、隣に人がおらず踊るスペースが確保できていたこともあって、冒頭からかなり元気に踊る姉妹。「関風ファイティング」「好きやねん、大阪」と畳み掛けるように続きます。「好きやねん、大阪」では、確かメンバーの名前やちなんだネタを曲に挟み込んでくれたんじゃなかったかな?こういうお遊びはエイトの雰囲気にピッタリ。その雰囲気のまま「初めての東京ドーム、頭壊れるまで楽しもう!」という挨拶とエイターの掛け合いがあり、「Explosion」「ミセテクレ」と、カッコいい曲が続きます。ダンスが見たい私ですが、天井席からだと、メインステージはもちろん、センターステージでも7人の判別が難しいので、個別にダンスを見ることは諦めて、全体の動きを見たり楽しむことに専念することに。


そして、私は初めて聴いた、エイト演奏による「Eden」。この曲には毎回とても心を打たれますが、自分たちで楽器を一生懸命演奏しながら、一音一音を大事に紡ぎだしている感じが、この曲にさらに力を与えていた気がしました。「Eden」大好き。


続いてはソロ曲が、亮ちゃん、ヒナちゃん、マルちゃん、大倉くんの順番でテンポよく続きます。亮ちゃんは、今すーごくギターモードなのかな?音楽に触れられることがうれしい!という感じが全身から伝わりました。スクリーンに歌詞が出ること(こんな親切、ジャニーズコンサート以外では見たことがないですよね?)に感動していた妹が「かわいい歌詞!」とさらに大喜びしていました。


ヒナちゃんのソロは、アイドル誌を読んだときから、すごく興味がありました。「振り付けをMAの屋良くんにしてもらったはいいけど、ステップの細かさが尋常じゃない!」とヒナちゃん自身が語っていたので。確かに、メチャメチャ踊ってました!でも悲しいかな天井席、スクリーンには顔がアップで映っていて足元はなかなか映らないし、肉眼では小さすぎてどうやっても細かいところまでは見えません。うーん、残念!ダンスを細かく見るなら、やっぱりもう少し近くないと無理かもしれないなぁ。


続いてのマルちゃんのソロは、これまた以前雑誌で言われていた「西の丸山、東の田口」を地で行くような、サムライ☆ラブ☆アタックと同じような「みんなで一緒に楽しもう!」な雰囲気。サムライよりもさらに楽しさ100%という感じかな?とっても楽しくてかわいいソロでした。曲が始まる前から、アリーナを大きな風船がコロコロと転がっているのが見えて、次は楽しいことが起こるかも!と思えたのは、天井席の特権かな。とにかく明るい曲で、掛け声の「ぱーん!」が楽しい楽しい!ビリーザブートキャンプのような振り付けもあって、「ぱーん!」を言うタイミングも、かわいいアニメでスクリーンに表示されるし、準備がなくコンサートに来た私たちでも100%楽しめる、マルちゃんらしい温かさに満ちたパフォーマンスでした。「ぱーん!」って言うだけで楽しいって、冷静になると変なんだけど(笑)、それでも楽しいんだから仕方ない♪


そして続いて大倉くんソロ。大倉くん、マジやばい(笑)です。私は大倉くんの歌声と歌唱力をとても信頼しているのですが(体の奥から出る自然で太くて艶のある声は、決して無理をしていない証だと思えます)、本気でパワーアップしていました。これが全国ツアーを重ねてきた成果なのかな。白いシャツに黒いパンツだったかな?シンプルな衣装で、トロッコに乗って登場。派手な演出やダンスも一切なく、ただ曲を丁寧に歌うだけなのですが、その声の艶と深みと確かな音程があれば、それだけで十分なんですよね。恋心を思いのこもった表情で丁寧に歌う、それだけで55000人を完全に惹きつけていました。直球勝負ができるスキルと自信を持っているってやっぱり強い。曲後半でメインステージに向かって歩いていく大倉くんは、特にファンサービスをするでもなく、まっすぐ歩いているだけなのに、とても堂々とカッコよくてほれぼれしました。やっぱり実践が与える自信は確実にその身に着くんですね。



その後は、メインステージだったかな、題名の知らない曲が何曲か続きましたが、その中にあった、ファミクラで流れていた「ズッコケお宝パニック!」映像のバックで使われていた曲(♪あー、花が咲く♪)がめっちゃ楽しくて、私は本当にノレる曲が大好きなんだなぁと自分の単純さに笑いがこみ上げました(笑)。



そして、真打(笑)∞レンジャー。今回はブルー(安田くん)の恋愛をきっかけに、バラバラになる∞レンジャー、という筋立て。でも、∞レンジャーを見ると、どうして毎回、「え?私、もしかしてヨコが好き?」って思ってしまうんだろう(笑)。ヨコのなんとも言えないかわいさ、ってなんなんだろう?ドキドキ!キャーキャー!という感じじゃないのに、絶対にヨコを一番大事に見ている自分がいます(笑)。もしかして、ヨコが好きっていうより、ブラックレンジャーが好きなのかな(笑)。妹は、ブルーとレッドが並んで座っているシーンの可愛さに悶絶し、最後、ブルーが泣いているところで、一緒に泣いていました(笑)。



その後何曲か続いた後、「∞SAKAおばちゃんROCK」に。去年から今年にかけてのカウントダウンコンサートで、おばちゃんROCKを楽しそうにかわいく踊る田口くんがすごく見たかったのにカメラに映らなくて残念に思った記憶があるからか、曲が始まった瞬間から田口くんのことをぼんやり思い出していたところ、急にキャー!という大歓声が。んん?と思っていたら、どうやらゲストが来ているらしく、目を下にやると、スラッと涼しげな人が一人。ちょうど田口くんのことを考えていたからか、「え?もしかして田口くん?!!」と思って、必死になって良く見たら、嵐の相葉くんでした!ブルー系の涼しげな色合いの服装や、スラッとしたスタイルのせいで、天井席からは一瞬田口くんに見えたのかな?まさか嵐のメンバーに会えるなんて思っていなかったので、とても得をした気分でした。そのほかには、屋良くんと斗真くん。3人とも大型トロッコに乗ってニコニコと手を振ってくれました。メインステージについてからは、3人のゲストと、ヨコヒナによるトークショウ。ヨコヒナの話の運びが上手いせいもあるのでしょうけど、相葉くんの自然体で楽しい話し方は、なんとも人の心を和ませてくれますね。気を使っている感じのしゃべり方ではないのに、エイトファンの前にいることは忘れていなくて、穏やかに頼もしい感じがしました。やっぱりキャリアが違うのかな。嵐のコンサートの雰囲気はとてもいいということを、最近いろいろなところで見るのですが、なんとなくそれが解るような気がしました。屋良くんは相変わらず綺麗でハリのあるお顔立ちをキャップでワイルドに彩って登場、ヒナちゃんソロの振り付けの話をしてくれました。中でも「ヨコって、案外踊れるんだね!」と言っていたのが印象的。やっぱりダンスが好きな人はダンスを見てしまうものなんですね。斗真くんは歓声がすごかった!ヨコに「お前、ドラマで人気があるからって、調子にのってんじゃねーよ(笑)!」とふざけて言われて、ニコニコしてる斗真くんはかわいかったです。でも妹に、「ゲストで誰が来たか解らなくて『え?田口くん?』って言ってるときの顔、すーごく真剣でちょっと怖かった(笑)」と言われてしまいました。反省反省(笑)。



その後のMCは、次に控えるHey!Say!7を紹介する必要があったからか、短めにさっくり。ドームでの気持ちとか聞いてみたかったけど、仕方ないですね。続いて、すばるくんのソロ。すばるくんのこぶしの利いた声は情念系の曲に似合うなぁ。


続いて安田くんのソロ。ギターを抱えて弾き語り。安田くん、エイトレンジャーのときも思ったのですが、ボイストレーニングに通ったかな?高い声がすごく安定して出るようになってびっくりしました。もともと安田くんは、ダンスも歌もギターも、もちろん努力もあるだろうけれど、ある程度は自然とできてしまうタイプのように見えますが、ツアーで鍛えられたのか、ボイストレーニングをしたのか、声の質が明らかに変わって、たくましくなったと思います。


ヨコのソロは、ヨコのサービス精神なのか、飽きっぽさなのか(笑)、ひとつの曲の中にいろんなジャンルの曲が混じりあってて、どうやって踊ってノッたらいいのかわからなくなったけど(笑)、すーーごく楽しかったです。途中でなぜか「寝起きドッキリ〜グリーン編」がスクリーンに流れて、寝起きの大倉くんが見られる、というラッキーももらってしまい、最後までヨコのくれる楽しい時間を堪能しました。今日の寝起きドッキリは誰が標的になってるんでしょう!参加されてる方のレポを楽しみにしましょう。


その後は、「悲しい恋」「大阪レイニーブルース」「二人の涙雨」と続く、昭和ムード歌謡路線にどっぷりはまらせてもらって(この3つの流れ大好き!)、そして「大阪ロマネスク」。会場全体がうっとりしているのがわかります。ペンライトの動きが優しくて柔らかくてとても綺麗。


そして、ギターを持った亮ちゃんとみんなで歌うコーナー。これ、今回のツアーの定例のコーナーなのかな?亮ちゃんのギターに合わせて、会場のみんなで歌うのですが、いやー。感動します。実際に亮ちゃんにみんなの歌声がどのくらい届いているのかはわからないけど(イヤホンの関係で)、その透明感あるまっすぐな55000人のユニゾンは静かだけれど、やっぱりとても力強かったです。


その後、バックステージで楽器チームがセッション、その後、ロック系の曲を畳み掛けて、ラストまでひっぱってくれます。ドラムを叩く大倉くんのファンの方は、バックステージそばの席だと天国気分が味わえるかも!ここからほとんど動かず、数曲ドラムを叩きっぱなしでいてくれます。天井席からでもドラムを叩く大倉くんはしっかり見ることができました!そして、オーラスは優しいバラード。「大阪ロマネスク」に次ぐような、そのときのメンバーの気持ちを代弁してくれるバラードがひとつずつ増えていくのは、なんだかうれしいです。KAT-TUNに今年「うたいつづけるとき」という名曲が加わったみたいにね。


エイトコンサートのアンコールは、「アンコール」ではなく、「エイト!エイト!」という声がかかります。去年初めてそれを経験して、その掛け声に鳥肌がおさまらなかったことを思い出しました。「他の誰でもないエイトを待ってるんだから!」という気持ちが、会場中にあふれかえる感じなんです。「エイトって、エイトのファンって、素敵だなぁ」と毎回一番思わされる場面かもしれません。


アンコールは「無限大」と「ズッコケ男道」。ツアーTシャツ(これがまたかわいい!背中に47都道府県を回るスケジュールが7色で印刷されていて、前には全国制覇!って書いてあるんです)を着たメンバーが外周を回りながら歌ってくれます。バクステ近くの外周を歩いているメンバーが、最後の最後の力を出し切って、私たち、遠くに座っているファンにまで手を振ってくれます。座席がある程度近いと、「自分のそばまで来たら急に目線が外れた」とか「手を振ったのに見てくれなかった」とか、不満を感じてしまうこともときどきあるのに、逆にここまで離れてしまうと、実際はこちらを見てくれているかも判別すらできないのに(笑)、大きく手をブンブン振って顔を上に向けてくれているだけで「こっちまで手を振ってくれた!」って素直に思えて喜べちゃうから不思議です。実際に、私と同じタイミングで、私たちの周りの人も手を振り返していたし、遠くに座ると、なんだか全部がありがたく受け止められる感じで、すーごく気持ちよかったです。




新しいアルバムの曲は知らないし、今回のツアー上でのお約束も知らないし、天井席だし、どこまで楽しめるか不安要素が多いといえば多い状態だったのに、まったく無問題、とにかく全編楽しみまくったコンサートでした。うちわも作らず、グッズも何も買わず、チケット代だけでこれだけ楽しめちゃうんだっけ?!と、少し新鮮でもあった(笑)、とてもいい機会になりました。



エイトのコンサートは、とにかく内容が盛りだくさんです。歌う。踊る。それは他のジャニーズのグループと同じだと思いますが、それに加え、楽器を演奏し、さらには台本のあるコントがあります。それらをフル活用して、メンバーそれぞれの個性と能力を活かしながら組み合わせて、私たちにたっぷり見せてくれる。「楽しんでね!」という思いを、これでもかというくらいにもらって、最後には、ありがとうという言葉以外残らなくなります。いやいや、「あー!楽しかった!」という言葉も残るかな(笑)。カッコいいダンスあり、聞かせるバラードあり、カッコいいバンド演奏もあり、爆笑コントあり。エイトと楽しみたい!と思っているファンを、全力であらゆる手段で喜ばせてくれるのがエイトなんだとつくづく思います。



東京ドームが初めてだったエイト。MCの時間が短かったり、楽器演奏が一瞬スムーズじゃなかったりと、万全の状態ではなかったと思いますが、初めての東京ドーム単独公演をとにかく喜んでいて、その喜びをファンに伝えよう!と全身でしてくれているエイトを見て、この人たちの東京ドームの初めての公演に立ち会えて幸せだと思いました。私がエイトのコンサートに行ったのは、去年の6月以来。1年2ヶ月の間に、エイトはとてつもない数のライブをこなし、実際にそれに見合うだけの力を確実につけてきたことがわかります。これでドームサイズの公演に慣れてきたら、エイトの力は、本当に凄まじいことになると思います。KAT-TUN、負けるな!(笑)



エイトのことは大好きだけど、やっぱり、田口くんを好きという気持ちとは違うんですね。だから、去年6月以降のコンサートは行かなくても寂しくなかったし、テレビで見られたり、雑誌で記事を読めたらそれで十分でした。でも、この「エイト大好き!」という気持ちは、軽やかで楽しくてすごくいい気分。大倉くんが一番好きだけど、大倉くんしか目に入らないこともなく、マルちゃんを見てたらマルちゃん、ヨコを見ていたらヨコ、そんな風に全員を同じくらい応援できるこの感じ、それが楽しくて軽やかで、やっぱりエイトのコンサートは楽しいです。これを味わっちゃうと、やっぱりエイトのコンサートは行かなくちゃ!なんて思っちゃったりして(笑)。最後の最後まで、あー!楽しかった!と言えるコンサートでした。




妹にとっても、とても楽しい体験になったようでした。そして、アイドルとは「歌やダンスや演技を通してファンを喜ばせること」においてのプロ中のプロだと感激した様子。二人で♪ブンブン♪と小さく歌い小さく踊りながら(笑)帰りました。帰りの電車の中で「もしよかったら、来年の夏も、誰かのコンサートのチケットを取っておいてね!」とも言ってくれました。無理やりだったかな?と思う気持ちもあったのですが、誘ってよかったです。その後は妹と二人で姉の家に行き、甥っ子の寝ている隙を見て、朝まで3姉妹トークをしました。姉も、妹同様、まったくアイドルには詳しくない人ですが、音楽関係の仕事をしていることもあって、ジャニーズの情報(男女関係とかではなく)が入ってくることもあるらしく、今は嵐に少し興味がある様子。3人で、「できればKAT-TUNのコンサートに行きたいよね!」と言いながら、「もしKAT-TUNが夏になかったら、どのグループのコンサートにしようか?」と、来年の夏のコンサートの予定を勝手に妄想するのは、とても楽しかったです。どのグループのコンサートに行けるかはわからないけど、絶対に行こうね!



コンサート前のお昼の時間は、夏休みで帰省している友達とランチをしながら、彼女が今はまっている韓国芸能の話をたくさん聞かせてもらいました。それについて話しているときの友達の目は、ほんとにキラキラと楽しそうに輝いていて、それを見てたらこっちまでワクワクしてきて、「好き」の気持ちは、やっぱり幸せを運ぶなぁと感じました。そのことを友達に言ったら、「たろちゃんも十分楽しそうで、私もそれに当てられてるよ」と言われました。ま、確かに、ごもっとも(笑)。



田口くんは今日のエイトのコンサートに行けるかな?もし行けるのなら、あらゆる手段で喜ばせようと全力投球のエイトをたっぷり見てきてね!後ね、みんな歌が(というか声の力が格段に向上!)上手くなっているので、覚悟するように!(笑)




そしてエイトのみなさん、昨日はありがとございました!アルバムも買わないダメファンなのに、本当に本当に楽しませていただきました。「後ろの方も楽しんでますかー!」って何度も聞いてくれてありがとう!そのたびに「楽しんでるよー!」とペンライトを振って応えました。今日も、エイトとエイターにとって最高のライブになりますように!





あぁ。相変わらず携帯の写真を撮るのがヘタすぎる!(笑)


【追記】

私はまったく予言体質ではないけれど、日曜日の夜はPLAY ZONEがないなぁ、事情をよく知らないから言えることかもしれないけれど、やっぱりエイトは8人がいいような気がするなぁ、なんてことをぼんやり思っていたからか、実は昨日妹に、「もしかしたら明日コンサートに行けたら、ピンクの子に会えるかもよ?」と言っていたのでした。そうしたらなんと、本当に内くんがアンコールでステージに登場したようです。亮ちゃんがツアーTシャツを貸してあげたとか(^−^)。何か具体的な話があったわけではないようですが、たくさんのエイターにとって、8人が揃った姿だけでまずは感無量だったことと思います。これがいいことのはじまりだったらいいのにな!



author: たろ
∞のこと | permalink | comments(7) | -
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
たろさんエイトとブンブンしてきたんですね!
私は横浜でブンブンしたんです。
で、私は行けなかったのですが妹が昨日(4日)ドームでブンブンしてきたんです。
おぉ!っとビックリしちゃいました(笑)

丸ちゃんと田口さんは似てる、と本人同士も認めちゃうぐらい、なんでしょ、感覚が似てるのかもしれないですね。
二人の落ちのない会話、とっても聞いてみたいです(笑)
写真撮る時に「パーン」って言ったらいいかもしれません(うはは)

泣いちゃうぐらい見入ってた妹さん!素敵です(笑)
姉妹で楽しめるって何だかいいですよね♪

私もEden大好きです^^

comment by: かや | 2007/08/05 6:15 PM
たろさん!!


速報!速報!


今日の∞のコンサートのアンコールに内君登場したんだってo(^-^o)(o^-^)o


なんかもう泣きそうです。
私はコンサートに行ってないけれど、確実に情報ゎ入ってくる訳で


正直もう8人の関ジャニ∞を見ることゎ無理だと思ってるファンもいたはず。

∞の初めての東京ドームで8人の関ジャニ∞をみることが出来たEighterはどれだけ嬉しかったコトでしょう。


なんか…感動ですよねo(><)o


うぅ(T-T)いいなぁ!!!


たろさん!!

二人の涙雨とか各自のソロ曲とか前に私書いたアルバムの感想何となくわかってくれましたか?


文才ないので伝わってないかもしれませんが、きっともう聴いたカラわかるはずっ!!!



もしもアルバム買う予定が出来たらたろさん!!

たろさん独自の感性のレビュー心待ちにしております。
comment by: えりこ | 2007/08/05 10:05 PM
たろさん、こんにちわ♪
たろさんもらいと同じ回に入られてたんですね・・・
何か嬉しいです☆笑

今回のツアーに入るのは3回目だったのですが、やっぱり東京!エイトさんたちの楽しみ様がすごかったなって思いました。
みんなの笑顔にきゅんきゅんしました♪

らいも天井席だったのですが、何の問題もなく楽しめました^^双眼鏡でたっちょんだけをずーっと追い続けるのも広島では勿体なくて出来ないので(笑)新鮮でした。

たっちょんの寝起き、萌え死にそうでした。笑
横ちょがグリーンレンジャーって言った瞬間、もうだめでした!
いつもあんな可愛くてドラムでセクシーなたっちょんのこの寝起きとのギャップ!もうヤラレまくりです(嬉)

ドームは、熱気がすごくていつもアリーナのわたしは押し倒されそうでした(笑)エイトの熱気、エイターの熱気、一生忘れないと思いました♪

それといつか、この大きな会場で気持ちよさそうに歌う仁ちゃん、見たいなって強く思いました^^

内くんも、いつかお兄ちゃん達と歌えたらいいなあ…
^^

はっ!長々とすみません(泣)
これから、ますますたっちょんへ気持ちが行きそうならいでした(笑)
でも、新写真の仁ちゃんは可愛すぎです♪笑

comment by: らい | 2007/08/06 1:05 PM
たろさんのレポにうん!うん!あぁ〜ってなりながらなぜかぼろぼろ泣いちゃって。
(何かエイトカラーのお嬢さんたちを思い浮かべちゃったら)
たろさんの妹さんにも会ってみたい〜

昨日なんかピンクちゃんも出たんだもんねぇ〜
やっぱりドームも行けばよかった〜(風邪なんか何のそので)今日仕事休むくらいの勢いで。
8人そろった姿見たことはないけどそろった姿見たいなぁ~
ヨシッ!頑張って探して行っちゃえ!(人様のブログ見て思いっきり決意表明してますね)
comment by: 神無 | 2007/08/06 9:27 PM
>かやさん

そうですそうです!ブンブンしてきました♪
ほんとうに楽しくて、今もときどきブンブンします(笑)
かやさんの妹さんもいらしたんですね!
きっとニコニコでお家に帰ってきたんじゃないですか?

マルちゃんと田口くん、本当に似ています。
とにかく一番楽しそう(笑)そして動きが大きい!
ライブに行くと、私はマルちゃんが大好き!って
いつもすーごく思います。一緒に動きたくなるのもマル。
でも今回はいかんせん遠すぎて、とにかく全員からの
楽しい嬉しいパワーをもらってきました。

姉妹で楽しめるって本当に幸せ感があります。
我が家はその上3姉妹なので、さらにオトクかな(笑)

Eden、本当に素敵な曲です。思い出したら鳥肌たった!



>えりこちゃん

よかったね、よかったね!

内くん来るかもよ、と言っていた私自身も
そのメールを友達から頂いたとき、驚きました。
でも、いろいろな考え方があると思うけれど、私は
やっぱりすごくうれしかったな。
これがいい結果に繋がるのかは分からないけれど、
エイトの気持ちと内くんの気持ちが一緒だといいな、
それだけを思っています。

えりこちゃんの感想、もちろん見返しましたよ!
涙雨、最高! まもりたい、最高><!
でも、マジックワードも、やっぱり最高!ぱーん!!



>らいちゃん

おー!らいちゃんも4日組だったんですね!
暑かったねぇ(笑)。でも、本当に楽しかったね。

>天井席だったのですが、何の問題もなく楽しめました

そうなのそうなの!
もしかしたらノレなくて寂しいのかな?って思ってたけど
(見えないのは仕方ない。でもノリたかったの!)
まったくの杞憂。むしろ大きく動けて楽しいくらい(笑)
それに双眼鏡があれば、大丈夫だしね♪

たっちょんの寝起き、たまらなかったねぇ♪
私は「寝起き声」にやられました(笑)
あの喉の奥に張り付いたような低くて甘い声><
それに、あの綺麗(でも超不機嫌な!)ビジュアル。
あれには緑色の服を着ていない子もうっとり♪
だったと思います。

>エイトの熱気、エイターの熱気

わかります!エイトは本当にエイターと共にある感じ。
あの一体感は、なんなんだろう?
エイトとエイターは幸せだなぁ、と思います。

内くんもお兄ちゃんと歌えたらいいね。
8人が同じ気持ちになれているといいね!

私ね、仁くんがすばるくんとか大倉くんみたいに
「ただ歌う」ことをしているところが見たいの。
仁くんが大好きな「歌」に専念できるステージが見たいな!

好きなときに好きなように書いてね♪



>神無ちゃん

うー(泣) 

エイトって、めちゃくちゃ笑わせてくれるのに、
実はすごい感動も詰まってるからか、ほんの少し
気持ちを動かしただけで、号泣が待ってたりするよね。
エイトとエイターが一緒にいるのを外側から見てるだけで
泣けてくる、という不思議な、でも幸せな現象。

神無ちゃんが、多忙と風邪を押して、エイトコンサートに
行きたがっていたのは知っていました。

決意表明上等!行っちゃってください!(笑)
絶対におなかいっぱいむねいっぱいになれるはず♪
comment by: たろ | 2007/08/07 7:28 AM
はじめまして!
いつもこのブログを見ています(^▽^)

ちなみに私はKAT-TUNと関ジャニ∞大好きで、聖担です♪

私も東京ドーム魂に初参加してきました。
というか、ジャニーズのコンサートに初参加でした♪
本当に素直に楽しくて、終わったあとは頭が真っ白に・・・笑

たろさんが書いていた『サンダルから覗く足の爪をエイトカラーの赤黒紫黄青オレンジ緑そしてピンクに塗った女の子』

それ、もしかしたら私かもしれません笑
サンダル履いて足に8色の∞カラー塗ってました♪



すいません、勝手に・・・(^^;)
comment by: うめ | 2007/08/07 9:06 PM
>うめさま

はじめまして!そして、コメントをありがとうございます。
KAT-TUNファン、聖くんファン、そして∞ファンの方で
いらっしゃるんですね!ラジオレポも読んでくださっているとのこと、
とってもうれしいです。ありがとうございます(^−^)

>本当に素直に楽しくて、終わったあとは頭が真っ白に・・・笑

わかりますわかります!
私も去年の5月が初めてだったのですが
完全燃焼!という感じに真っ白になるのに(笑)
楽しかった!っていう余韻はばっちり残るんですよね。
うめさん、クセになっちゃったのでは?(笑)

エイトカラーのペディキュアの女の子は、もしかしたら
うめさんなのかも!うわー!すごくうれしいです。
うめさんのそのかわいいおしゃれが、私達姉妹を
ほんとうにワクワクさせてくれたんですよ♪
ありがとうございました(^−^)

これからもラジオレポを中心に書いていく予定です。
よかったらまた覗きにきてやってくださいね♪
comment by: たろ | 2007/08/07 10:37 PM
Leave a comment:






Peacefuldays

Peacefuldaysを田口淳之介くんと一緒に!
「すこやかにムチャする」が合言葉